2007年 04月 29日 ( 1 )

またまたC嬢の誕生日祝い。
この前、皆で集まったばかりだけど「今日はわたしがお祝いしてあげる~」と誕生日を口実にC嬢を誘う。「暑い夏でも食べたい!」と言う彼女のリクエストでおでん安兵衛

c0082200_2158417.jpgc0082200_21582630.jpg










40年続いているという老舗。
大人な雰囲気が漂う西中洲。最近気になる西中洲。

「7時に予約してました~」と入店すると既に店内は満席。
カウンター10席位とテーブル二つ。ご家族で営まれている。
カウンターのおでんの入った丸い銅鍋の真ん前、特等席に案内される^^
c0082200_2211312.jpg
「何から食べよーう・・・」優柔不断な私たちはとりあえず「おまかせ」で注文。

厚揚げ、ロールキャベツ、はんぺん、大根、イワシのつみれ。
喧嘩しないように人数分、食べやすいように全て切ってくれる。
c0082200_2245236.jpg
おいしいーー!!と一つ食べるごとにお互い顔を見合わせる。
隣に座ってたお酒でいい感じになっているおじさんの珍しいものでも見るような視線を感じ、、、会釈。
「そうやっておいしいおいしいって食べてもらうと大将も喜ぶよ~」とそのおじさんに話しかけられ、しばし談笑。
人間の食事について語り合った^^;

ダシと自家製しょうゆが合わさった関東風おでん。
鍋のダシ汁が少なくなるとダシとしょうゆを何度も注ぎ足していた。

おでんを注文すると、大皿に盛り付けられ、それとは別にダシ汁の入った取り皿を出してくれる。その取り皿も注文の度に温かいダシ汁が入った新しい取り皿と代えてくれる。

色は濃いけど味は意外とあっさり。大根や厚揚げにはいい具合にだしが染込んでいてホロッと口の中で溶ける。
はんぺんやたけのこ、湯葉。ブロッコリー、春菊の青物は(一度下ゆでして)注文が入ってから鍋に入れていた。
どれもこれも美味しいとしか言いようが無い^^お店が40年続く訳が分かる。

次は何を食べようかな~と。
厚揚げ、たまご、さといも、たけのこ、春菊(写真は食べかけ^^;美味しさに夢中になりすぎて途中で気付く・・・)
c0082200_0313757.jpg
カウンター越しに大将に小声で「これね、サービス」と揚げごぼうとブロッコリーをいただいた♪
「えーーっ!ありがとうございますー」こうゆうサービスめちゃくちゃ嬉しい~(*^^*)

ごぼうはチップ状。パリッとした食感、ちょっと汁につけても美味しい。
ブロッコリーのシャキッとした歯ごたえ。ゆで時間、ダシにつける時間、お客の口に入る時間と全て計算されているからこそこんな絶妙な食感に仕上がっているんだろうな~と感心。
そしてなんと!卵は殻付のままダシに入れて煮込む。そのほうが味が浸透しやすいんだと大将が説明してくれた。

「うちの茶めしは美味しいよ!二人で一つを半分に分けて食べてもいいよ」
せっかくだから一人一杯食べたい。茶めし二杯注文。
c0082200_0321686.jpg

c0082200_0323434.jpg
す・て・き☆素敵すぎる、この漬物の量!ご飯二杯いけちゃうかも!
茶めしはお茶漬けとは違い、お茶で炊いてるご飯。ほんのり茶色。やわらかく炊き上がってます。
ぬか漬けは漬かりすぎてない。臭くない。あっさりしていてドンドンご飯がすすむ。
海苔に茶めし、その上に漬物を乗せ巻いて食べる。美味しい食べ方を大将に教わり口へ運ぶ。
ほんとに美味しかった!ぬか漬けつけようと思った。

初めての入店にも関わらず、大将におでんのおいしい作り方や食べ方まで教えてもらったり、嬉しいサービスまでしてもらったりラッキーでした^^♪
客層もなんとなく天神とは少し違う感じ。かっこいいスーツ姿の方やダンディなおじさまばかりで変な酔っ払いはいませんでした。

メニューが無く時価の具材も多い為一つ一つの値段はわかりませんが二人で¥7000弱でした(飲み物は生と梅酒とお茶)

今月はおでん月間になりそうだ^v^

安兵衛:福岡市中央区西中洲2-17 電話:092-741-9295 
[PR]
by accordion-apple | 2007-04-29 20:14 | 和食